総量規制対象外のキャッシングとは?

総量規制は、借り過ぎ、貸し過ぎを防止するために設けられた規制で、貸金業者は借り手の年収の3分の1までの金額しか貸し付けができないというルールです。この総量規制は、貸金業者に対する規制なので、銀行や信用金庫等貸金業者でない金融機関のローンには適用されません銀行や信用金庫等のキャッシングは総量規制対象外です。ですから、原則、本人確認の書類さへ提出すれば借り入れをすることが可能です。

 

また、総量規制の中には「例外」というのがあって、「例外」は貸付残高に含まれますが、返済能力の有無を判断の上、例外的に貸付が可能な資金です。総量規制の中には「例外」顧客に一方的有利となる借換え、緊急の医療費の貸付けや社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け、個人事業者に対する貸付け、預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」にかかる貸付けなどがあります。

 

 

総量規制の中で「例外」とされている資金のための借入は、年収の3分の1以上でもすることができます。たとえば、「顧客に一方的有利となる借換え」に当たるのは貸金業法に基づいたおまとめローンです。消費者金融のおまとめローンはまた、貸金業者のビジネスローンや事業者用ローンも総量規制の「例外」なので年収の3分の1以上の借入もできます。

 

「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」という例外が提供されれば自分には収入の無い専業主婦も借入ができます。ただし、その際は配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万 円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることが義務付けられていますので、その場合は配偶者の収入証明書も必要になります。この例外を利用して専業主婦にも貸し付けをしている消費者金融は、女性に特化したレディースローンのみで、大手の消費者金融では専業主婦への貸付は行っていません